このページの先頭
白眉プロジェクト

京都大学 白眉センター

| ENGLISH |

最新ニュース

Home  >  最新ニュース  > Vincent Giraud研究者の論文「Being as Sign: Note on the Eriugenian Ontology」がW. Otten and M. Allen (eds.), Eriugena and Creation, (Turnhout: Brepols; Instrumenta Patristica et Mediaevalia 68)に掲載されました。